立体トラス/ルナントラス/ローコスト鉄骨造でコストダウン!

オーナー(建築主)様へ

  • HOME »
  • オーナー(建築主)様へ

 

このページはオーナー(建築主)様、または施設発注担当者向けのページです。

 

たいへんおそれ入りますが、

このページを読み進める前に

下記のページは業者向けのページとなっておりますが

⇒ ルナントラスの秘密

⇒ ルナントラスの販売条件

⇒ 見積依頼はこちら

すべてお読みにることをおすすめします。

 

 

このページに辿り着いたオーナー様は

コスト意識の高いかたであると思います。

 

もし、オーナー様が計画している店舗、倉庫、工場などの建屋が

鉄骨造平屋をローコストに新築したいと思っているなら

この先を読み進めてみてください。

 

ただし、本気で建屋のコストダウンを考えていないとしたら

この先の文章を読んでも時間のムダです。

 

また、建屋のコストダウンの実現に興味がなければ

このままこのページを閉じていただいて結構です。

ここから先には、建屋のコストダウンの話しか出てきませんので。

 

 

建屋を新築するときの話から始めます。

一般的には取引のある設計事務所やゼネコンに声をかけて

計画案を見積もってもらい発注する。

通常のプロセスを経るわけです。

 

結果的に完成した建物に100%満足していれば

それでよいと思います。

 

ただ、ローコストという目標があるにもかかわらず

得られた結果が、高い請求書であるとしたら

そこに、ミスマッチが生じます。

 

仕方ないとあきらめるか

いやいや何か方法があるはずだ!

そう考えるかで結果が変わるのです。

 

ここにルナントラスがあります。

 

このルナントラスを使って

コストダウンが確実にできるとしたら

ルナントラスを使わない理由はありますか?

 

取引の設計事務所やゼネコンに反対された

これは良くあるパターンかも知れません。

 

そうした反対する設計事務所様やゼネコン様を

当社が否定することは一切ありません。

 

オーナー様と取引のある業者は

オーナー様から信用を得て取引をしていると思います。

 

その信用を得るまでには、

信用を得るに足る仕事をしてきた。

そうであるに違いありません。

 

そして、オーナー様から信頼を得ている以上

無責任に新しいモノすすめることはできません。

 

なぜなら、その新しいモノがいいモノか悪いモノか

判断できないからです。

 

もしかしたら、

新しいモノをすべて否定しておけば間違いはない

そのような思考停止状態にあるかもしれません。

 

いずれにしましてもオーナー様からの信頼を裏切ることは

絶対にできないのです。

 

でも本当に重要なのはオーナー様のローコスト化という目標ですよね?

 

 

いやいや業者の信頼関係はどうでもよい!

建屋のコストダウンはどうしたんだ?

 

そういう指摘もあるかも知れませんので

話を次に進めます。

 

オーナー様の取引業者がルナントラスに興味を持ち

その業者と当社で協力し合いながらうまく行った事例はたくさんあります。

 

しかし、オーナー様の取引業者がルナントラスに理解が無いとしたら

当社のルナントラスの実績が20年近くあると説明しても

その業者が、ルナントラスに興味を持つとは限りません。

 

おそらくは、ルナントラスの実績が100年あったとしても

変わらないと思われます。

 

岩のように動かないものを動かそうとするより

岩のないところへ行く決断。

 

それなくしては次には進めないのです。

 

アンドリュー・カーネギー

おそらくこのページに来ているかたは

この人に関する本を1冊は読んだことがあるでしょう。

 

必要な条件をすべて与えられながら、

即座に決断を下すことのできない人は、

いかなる決断も下すことはできない。

 

スコットランド出身の米国実業家であり

鉄鋼王(1835~1919)のアンドリュー・カーネギーの言葉です。

 

ドラッカーも言ってます

 

成功した企業は、きまって誰かがかつて勇気ある決断をした。

 

マネジメントの父と称される経営学者ピーター・ドラッカーの言葉です。

 

 

著名人の言葉を引用するまでもなく

経営者もしくは重大な決定を下すことができる立場にある人は

すでに理解していることでしょう。

 

そして、いまこの文章を読んでいるオーナー様は

自らがコストダウンの方法を探すことを既に決断し

行動に移しているのです。

 

当然のことながら、

決断の質が高いかたであると思われます。

 

 

もし、ルナントラスでのコストダウンをお考えであれば

次の方法があります。

 

問い合わせの方法

オーナー様の当社への問い合わせの方法は2通りございます。

直接当社に問い合わせるか、

お知り合いの設計事務所またはゼネコンがあれば

それらの業者を通じて問い合わせるかです。

 

いずれにしましても、最初に

オーナー様から直接当社へご連絡いただけると

話がスムーズになるります。

 

もし、特定の設計事務所やゼネコンがなければ

ローコストに慣れた設計事務所またはゼネコンを

当社から紹介することも可能です。

 

ご注意!

 

 

たいへん残念なことなのですが、

「取引の設計事務所やゼネコンに反対された」の章で

説明させていただいたような業者の場合、

ローコストが実現しないことがあります。

 

中には、本当にとても残念なのですが

・当社からの見積りも取らずに(高い)コスト結果を伝える

・理由は様々かも知れませんが最初からコストダウンなどやる気がない

・できない理由だけを考えてオーナー様へ伝える

 

以上のようなことがあります。

 

もし、オーナー様が思うような結果が出ない場合は

直接当社へ相談してみてください。

 

 

 

TEL O29-241-4O46 受付時間 9:30~18:00

PAGETOP
Copyright © 有限会社ルナン研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.